漫画やアニメのネタバレや無料で楽しむ方法まとめ

おにーちゃんの漫画&アニメネタバレ無料研究所

成人漫画

目覚めたら…挿入(事案)寸前。|ネタバレ7巻!寝ている皆に隠れながら布団の中で…

今回はペーター・ミツル先生の漫画『目覚めたら…挿入寸前。肉食男子寮でうたた寝女子は嬲られる』7巻ネタバレと、お得に読める方法をまとめています。

 

愛語大学ラグビー部のマネージャーである平塚綾(ひらつか あや)。

彼女は、華奈という女性と共に、夏季リーグに向けた合宿に参加していた。

練習メニューを終え、旅館へと向かう部員達。

しかし、監督の予約ミスなのか、部員達は男女一緒に大広間で雑魚寝する事になってしまう……。

>>前回のもっと詳しいネタバレはコチラ

SNSの広告では『目覚めたら…事案寸前。』というタイトルで知られていますが、正式タイトルは『目覚めたら…挿入寸前。肉食男子寮でうたた寝女子は嬲られる』です。

ココがポイント

\最新話を今すぐ半額で読めるのはまんが王国/

『目覚めたら…挿入寸前。』をまんが王国で読む

※まんが王国では『目覚めたら…挿入寸前。』最新話が半額で読めます

注意ポイント

当サイトのネタバレは文字のみです。絵でご覧になりたい方は【『目覚めたら…挿入寸前。』をお特に読める方法】をご覧ください。

目覚めたら…挿入(事案)寸前。|7巻ネタバレ込のあらすじ

「ホラッ、もう20本!」

「はいッ!」

コーチの声に気合いを入れながら、トレーニング器具を動かしていくラグビー部部員の慶司。

入院した監督に代わり、トコトン部員を鍛えてやるとコーチは気合い十分です。

「マネージャーくん、君も一緒にどうだい? 君もチームの一員だ。一緒に汗を流そう!」

コーチは綾に、トレーニング器具を使う事を勧める。

綾はコーチの勧めに応じ、腹筋を鍛える器具にギシッと乗ると、腹筋運動を始めていく。

 

「綾さん、大丈夫?」

自分もトレーニング中で大変だろうに、慶司は綾を気遣う。

綾は慶司に向け「大丈夫」と返事すると「監督の分まで自分も頑張らなくちゃ」と意気込みを語ります。

2人が和気あいあいと話していると、他の選手を見ていた華奈が綾の方へと近付き声をかける。

華奈は、トレーニング中の綾を見ながら「ここで力みすぎちゃダメよ~?」と、程々にねとアドバイスするのだった。

 

本日の練習メニューを終え「仁王のお宿」と書かれた、どこか年季の入った古くさい旅館に向かう部員達。

受付で早速チェックインするも、受付の人から監督が予約したのは、普通の部屋ではなく大広間1つだけという事実が告げられます。

華奈が、他の部屋が空いているかどうか確認するも、全て満室。

結局、男女一緒に大広間で雑魚寝するしかない状況になってしまったのです。

 

「部の予算を使わせてもらっているから、ある程度は目を瞑る気でいたけど、この色物宿はさすがに……」

「お、お風呂はどうでしょうねー」

脱衣所で服を脱ぎながら、がっかりした様子の華奈と綾。せめて風呂は良いものでありますようにと願いながら扉を開ける。

扉を開けるとそこは綺麗な露天風呂。先客も何人かいます。

綺麗な風呂を見て、2人はホッと一安心するのだった。

 

綾は、華奈に向け「背中流します」と言います。

しかし華奈は「大変な時期に部を支えてくれているから、少しは労らせて頂戴」と、自分が逆に綾の背中を洗うと言う。

綾は華奈の言葉に甘え、彼女に背中を洗ってもらう事になります。

 

「憧れの人である華奈に背中を洗って貰えるなんて」

華奈に背中をゴシゴシと洗って貰いながら、思わず感激する綾。

華奈は「大げさね!」と言いますが、綾は、部活ブログを毎日拝見し、今でも華奈を手本にしている事を話す。

自分を手本にしてくれている事に対し、嬉しさからフフフ……と華奈は顔がほころばせます。

 

「華奈さんに会えたら、聞きたいことがあったんですが、いいですか」

華奈に背中を洗われながら、突然彼女に問い掛ける綾。

綾の問い掛けに華奈は「ええ」と、了承の意味を込めた言葉を返すと、綾は言葉を続けていきます。

綾は華奈に「華奈が卒業する年度の夏季リーグ戦、ずっとスタメンだったエースの齋藤選手があまり出場しなくなったのは何故か」という疑問を投げかける。

綾から投げかけられた話を聞き、何か思う事があったのか、ハッと目を見開く華奈。

斎藤選手がもっと出場していれば、リーグ優勝できた筈……綾は、今でもそう考えているようです。

 

華奈の顔を見ながら、答えを待つ綾。

「そうね……」

華奈は、スッ……と自分の指を、綾の背中ではなく綾の胸の方へと持って行くと「背中はもう洗ったから……前も洗ってあげるわね!」と、綾の胸を突然ムニムニと揉み始める。

自分が投げかけた疑問に対する回答が来ると思っていたら、いきなり胸を揉まれ「わあっ、ちょっと」と焦る綾。

華奈の手の動きは止まる事はなく、華奈は、綾の胸を手でしっかりと鷲掴みすると、むにむにと揉み続けていく。

 

それから少しして、ようやく華奈は手の動きを止める。

綾は、ぜーっぜーっと息を吐きながら華奈の方を振り向き「いけない事を聞いてしまいましたか?」と、尋ねます。

しかし、華奈はけろっとした態度で「なんのことかしら」と、とぼけるだけ。

逆に「平塚さんいい身体してるなーって思ってたからさ~」と、シラを切ります。

そんな華奈の態度に、綾はプンプンと怒りながら「齋藤選手の事を教えてください!」と、早く教えてと急かすように華奈に言う。

 

華奈は、ス……と綾の胸から手を離すと、先程までのふざけた調子とは一変、どこかばつが悪そうに「齋藤くんのことは……今はちょっと勘弁して……」と、声のトーンを低くして答える。

どうやら齋藤選手の事は、華奈にとってあまり触れられたくない事のようです。

華奈は綾の目を見ながら「監督不在の今、みんなが貴女を頼りにすると思う。1人をひいきにせず、皆をまとめてあげて」と、助言を与える。

「……自分にできなかったことを頼むなんて、卑怯だと思うけど……」

そうどこか意味深な言葉を漏らしながら……。

 

浴衣に着替え、大広間でわいわいガヤガヤと騒ぎながら、お酒にご飯にと思う存分楽しむ部員達。

綾は皆には混ざらず、隅の方でグラス片手に雰囲気を味わっているようです。

「何か飲みますか?」

ビール瓶と烏龍茶便を両手に持った慶司に尋ねられ、綾はビールを注いで貰う。

綾は慶司にお茶を注ぎながら、昨日の磯場で慶司とした事が華奈にバレていた事や、水着を買って浮かれていた自分の情けなさに、色々と考え込んでしまいます。

 

そんな中、ラグビー部の先輩達に「抜け目ねぇな」「目を離すとすぐ綾さんだなぁ」と絡まれる慶司。

「綾さんをスカウトしたいきさつを教えてくれ」「ふたりは噂になっている」

自分と綾がそういう仲だというのが周りにバレてしまったと思ったのか、思わず動揺してしまう慶司。

ついには先輩から「最初から、慶司と綾は付き合ってるんじゃないかって……」と、言われてしまいます。

その言葉を聞いた綾は、バッと立ち上がり「ち、違います!」と、慶司と自分の仲を否定する。

しかし、すぐさま冷静になった綾は「ごめんなさい……」と、そそくさと大広間を出て行くのだった。

 

旅館の敷地内にある休憩スペースのような所で、妹のあゆみに電話をかける綾。

「お祖父様は元気?」

綾は電話口の向こうにいるあゆみに尋ねます。

あゆみは「元気元気! お姉ちゃんに会いたかったって」と答えながら「でも、お姉ちゃんは一夏の恋で忙しもんね~」と、綾を茶化す。

また「水着の反応どうだった?」と、あゆみは綾に尋ねるが、先程の慶司との事を思い出してしまった綾は「明日帰るから、お祖父様によろしく」と、早々に電話を切ります。

 

あゆみとの電話を終え、大広間に戻る綾。

「皆、自分と慶司の事に気付いている。自分はなんてみっともない人なんだ。監督不在の中、2人で浮ついて……」

自分の事を咎めながら、大広間の襖を開ける綾。

その時、顔を青くした慶司と遭遇します。

慶司はフラ……とふらつくと、ドッと綾にもたれかかる。

自分を襲おうとしていると思った綾は「もうやめて……」と、告げるも、慶司は何もせずそのまま倒れ込んでいく。

綾が大広間の方へと目を向けると、なんと全員、お酒で酔い潰れたのか、ぐでぐで……と、寝転がっている状態だったのです。

 

敷かれた布団の所まで慶司をズルズルと引っ張り、布団の上まで持って行く綾。

慶司を布団に持って行った後、綾も慶司の横に寝転がります。

「自分が困っているのも知らないで、慶司さんはいつも勝手だ」

慶司に対し、少し苛立ちを覚える綾。

しかし「慶司さんがいなければ、自分はずっと清掃員をしていたのかもしれない……」と、綾はあまり慶司を怒れないのだった。

 

ズキッと、酒からの頭痛で目が覚める慶司。

自分の顔が、綾の胸の谷間に埋もれている事にドキッと驚き、慶司はバッと急いで起き上がる。

慶司が目線を下に向けると、すや……と無防備に寝ている綾の姿が視界に映ります。

ごろん……と、綾が寝返りを打つと、彼女はブラをつけていないのか、ポロンと豊かな胸が浴衣から露わになり、また、下着も丸見え状態。

「こんなの見せられたら……!」

慶司は、綾に触れてはいけないという理性と、綾に触りたいという本能とで、揺れ動きながらブルブルと震える。

結局本能には抗えず、慶司は自分の人差し指を使い、綾のアソコを下着の上からプニと触れていく。

 

ムニムニと下着の上から綾のアソコに触れる度に、自分の冷えた指先が熱く感じていく慶司。

今度は、中指も交えて指を2本使って触れていく。

慶司に触れられ、眠っているにも関わらず綾は感じているのか、じんわりと下着を濡らし、慶司の指先に愛液を染みこませていく。

綾が感じている事に、テンションが上がったのか、慶司は「もっと触れたい」という欲を募らせ、更にぐにぐにと掴むように綾のアソコに触れていく。

 

周りで寝ている部員達を起こさないように気を付けながら、下着の中に指を入れ、綾のアソコを直接いじっていく慶司。

慶司に指でいじられ、綾は「んっ♡ ふ……♡」と、小さく喘ぎ声を漏らしながら、ぴくっぴくっと震える。

慶司は更に、チュッ……と綾の乳首を口に銜えると、舌を使いペロ……ちゅぱっと舐めていきます。

 

はぁはぁ……と興奮しながら、綾の下着をする……と下ろす慶司。

慶司の指による愛撫でひくっひくっと震える綾のアソコを、慶司はちゅぷ、ちゅくと直接舌で舐めていく。

執拗に綾のアソコを舐め続ける慶司。

何度も何度も慶司にアソコを舐められ、綾はゾクッゾクと震え感じていく。

やがて、トロ……とアソコから愛液を垂らし、いつでも男のモノを受け入れる準備が出来るぐらいにまでほぐされていったのだった。

 

「うう……も、もう、挿れたい……!」

我慢ができなくなった慶司は、スルスル……と下着を脱ぎ、眠っている綾のアソコに自分のモノを宛がう。

綾の合意なしに挿入する事に、罪悪感を覚えているのか「ごめん……!」と心の中で謝る慶司。

慶司のモノを宛がわれ、綾はびくっびくと身体を震わせながら「んっ……? う……♡ ふっ……♡」と声を漏らす。

その時「ん……誰か起きてるか」と、部員の1人がムク……と起き上がったのです。

 

見つかったらやばい。慶司はバッと急いでシーツを手に取り、自分と綾を隠すように覆う。

起きた部員は、懐中電灯を手に持ち、明かりを慶司と綾が隠れている所へ照らすと「だ、誰かいるよな?」と声を上げる。しかし、慶司と綾が隠れている事には気付いていないようです。

間一髪の所を抜けられた慶司は、はーっ……と安堵の息を漏らす。

その時、パチと綾の目が開き、彼女の意識が覚醒していきます。

 

目の前に慶司がいて、しかも自分に覆い被さっている状況に「え?」と声を上げる綾。

今の状況を改めて認識出来た綾は「慶司さん!?」と、一体どういう事なのか訳が分からず、バタバタと手足を動かし抵抗する。

「おお? なんだ?」

綾と慶司がシーツの中でバタバタしている間に、もう1人の部員が起き上がり、最初に目が覚めた部員に、一体どうしたんだと近付いていきます。

 

すぐ近くには、目が覚めている部員が2人いる状況。綾と慶司は、彼らにいつ見つかってもおかしくありません。

「外に人がいるんだから止めて欲しい」

綾は、慶司にこれ以上は止めるよう頼み込む。

しかし慶司は、綾の言葉に応じず、彼女の顔をぐっと自分の方に引き寄せると、チュッと自分の唇を重ねていく。

「目が覚めたら貴女がいて……我慢できません……!」

慶司はそう言うと、少しづつ綾のナカに自分のモノを入れていきます。

 

ずっ、ずっとゆっくり自分のナカで慶司のモノが動く感覚に「ひあっ♡ だっ……♡ めっ……♡」と、声を上げる綾。

布団の外では、先程から起きている部員2人が、綾と慶司が隠れている布団の周りで騒いでいます。

綾は「腰……止めて……! 今度こそ、皆にバレちゃう……!」と、慶司に止めて欲しいという感情を湧き上がらせるも、その想いを慶司に伝える事はせず、ただ慶司の責めを受け続ける。

「こんなこといけないのに」

綾の理性は、隠れてこんな事をする自分を咎めているのに、本能では慶司とするセ○クスの気持ちよさに、行為を止める事が出来ないようです。

 

「やっぱ……誰も起きてないな」

「は、早く寝ようぜ!」

布団の外にいた部員2人は、そう言うと再び布団へと戻り眠りにつく。

その声を聞いた慶司は、たがが外れたかのように、ゆさっゆさっと綾に激しく腰を打ちつけていく。

「綾さん……あやさん。かわいい……かわいい……」

何度も綾の耳元で囁き続ける慶司。

突かれながら耳元で囁かれた綾は、ゾクッと身体を震わせ「やっ……♡」と声を上げる。

「こんなに耳元で囁くなんて、今までなかったのに……」

囁かれながら、そんな事を考える綾。慶司のこの行為は、きっと酒に酔っているせいだと思い込みます。

 

「綾さん。もう、このまま中でイキたい……!」

綾の胸をムニュと揉みながら、彼女の耳元でそう囁く慶司。

体位をバックに変え、ラストスパートだと言いたげにぬぷっ、ぬふゅっと腰の動きを速めていきます。

いきなりナカでイキたいと言われ「んっ!? あっ♡ ちょっ……と……」と、焦る綾。

「はあ♡ あっ……♡」と喘ぎながらも「中はだめっ……!」と、拒みます。

 

しかし、慶司は綾の言葉を無視し、パチュ、ヌチュと腰を打ち付け続けながら「綾さんもイって」と囁く。

じゅぽ、ちゅぷ、と慶司のモノを自分のナカに打ち付け続けられ、綾も達しそうなのか「あっ♡ やっ♡ イク♡ イっちゃう♡」と、身体を震わせながら声を上げます。

 

「うっ……! くっ」

そう慶司が声を漏らすと、絶頂を向かえたのか、ドビュ、ビュルと音を立てながら綾のナカに自分の精○を注ぎ込んでいく。

綾もびくんっ、びくんっと身体を震わせながら「あっ♡ イくっ♡」と声を上げ、ぷしゃあああと派手に潮を吹き、絶頂を向かえるのだった。

 

達した余韻に浸る2人。

綾は、自分の胸の谷間に慶司の顔をぐっと押し込み、慶司の顔を埋めさせる。

それはまるで、自分の子を胸に抱く母のようです。

綾の胸に抱かれながら、慶司は「あや……さん……綾……さ……」と、何度も綾の名前を呼び続けるのだった。

 

「いつまで寝てるの」

急に呼びかけられ「はいっ!?」と飛び起きる慶司。

外はチュンチュンと鳥が鳴き、大広間の窓から朝日が差し込んでいます。

慶司の目の前にいたのは華奈。どうやら彼女が、慶司を起こしに来たようです。

「皆とっくに食堂でご飯よ」

そう慶司に告げる華奈。続けて綾も大広間に入ってきて「慶司さん起きました?」と、華奈に声をかける。

 

慶司を起こし終え、食堂へと向かう華奈達。

華奈は、朝ご飯が楽しみなのか「ごはん、ごはん」と、声に出しながら歩いて行く。

華奈の後を追うように、彼女の背後をついていく綾と慶司。

慶司は、昨夜のセ○クスの事について謝ろうと思ったのか「あの、昨晩は……」と綾に声をかける。

しかし全て言い終わる前に「昨晩は悪酔いしてたみたいですね。気をつけて下さい」と、綾は慶司に忠告する。

綾の反応を見て「昨晩の事は夢だったのかな……?」と、考え込む慶司。

しかし、慶司の見えない所で、綾の頬は赤く染まっていたのだった。

次巻のネタバレ
目覚めたら…挿入(事案)寸前。ネタバレ8巻!濡れた綾の服から下着が透けて慶司は…

今回はペーター・ミツル先生の漫画『目覚めたら…挿入寸前。肉食男子寮でうたた寝女子は嬲られる』8巻のネタバレと、お得に読める方法をまとめています。   愛語大学ラグビー部のマネージャーである平 ...

続きを見る

おにーちゃん『目覚めたら…挿入寸前。』をお得に読める方法ってあるの?
いもうと
おにーちゃん
妹よ!よく聞いてくれた!『目覚めたら…挿入寸前。』を今すぐ半額で読める方法があるんだ!

『目覚めたら…挿入(事案)寸前。』の【読みたい巻を今すぐ半額】で読めるお得情報

『目覚めたら…挿入(事案)寸前。』を今すぐ半額で読めるのは【まんが王国】

まんが王国では180ポイントの『目覚めたら…挿入(事案)寸前。』が半額の90ポイントで読むことができます

おにーちゃん
まんが王国のいいところは読みたい漫画を【今すぐ半額】で買えることだね♪
無料の漫画が豊富にあって登録も簡単なのが嬉しいの!
いもうと

まんが王国はこんな人におすすめ!

  • 面倒な操作無く【今すぐ簡単にスマホで】漫画を読みたい人
  • 漫画を【できるだけお金をかけずに】読みたい人
  • 【クレジットカードを使いたく】ない人⇒スマホ決済OK♪
  • 【色んな漫画を無料で】読みたい人
  • 【SNSで気になった作品をお得に】読みたい人
  • 【動画配信サービスの無料お試し期間&無料ポイントを使い切った】
まんが王国の特徴をまとめてみました♪

まんが王国の特徴

  • 登録がとても簡単(Twitterアカウントでも登録可)⇒図解付き登録方法はコチラ
  • クレジットカード不要でOK!(スマホ決済OK)
  • 登録後すぐに半額クーポンが貰える
  • 無料で読める漫画が3,000作以上ある!
  • 新作の先行配信がある!
  • 試し読みのページ数が他の漫画サイトより多い
  • 会員登録すると1巻だけでなく2巻、3巻…と無料で読める作品多し
  • オフラインでも読める
  • 作品多し(もちろん無料で読める作品も…)
  • 来店ポイントが毎日!5のつく日は5倍来店ポイントあり
    その他にもお得感満載のキャンペーンが随時行われています

まんが王国は様々なキャンペーンは、利用すればさらにお得に漫画を読むことができます
おにーちゃん
月に2~3冊以上漫画を読むという人は、まんが王国だと買えば買うほどポイントが還元されるから定価で買うのがバカらしくなるよ!
無駄にお金がかからないから漫画好きは登録しておいて損はないってわけね♪
いもうと

登録方法もとっても簡単!無料で読める漫画も3,000本もあります。

ココがポイント

\最新話を半額で読めるのはまんが王国/

『目覚めたら…挿入寸前。』をまんが王国で読む

※まんが王国では『目覚めたら…挿入寸前。』最新話が半額で読めます

目覚めたら…挿入(事案)寸前。肉食男子寮でうたた寝女子は嬲られる|7巻感想

今回良かった所は、皆が寝ている中、シーツで隠れながらのセ○クスという、スリル溢れるセ○クスシーンです。

「みんなにバレちゃう。こんなこといけないのに」

理性では、いけない事だと分かっているのに、本能に抗えず、結局最後までしてしまう綾。

本能に抗えず、慶司を受け入れてしまう所が、どこか人間味があっていいなと思いました。

2人の関係は、このまま皆にバレる事無く進んでいけるのか。次回の展開にも注目です。

 

注意ポイント

当記事の情報は2020年5月時点の情報です。最新情報は各公式サイトでご確認ください

漫画がぱぱっとお得に読める♪まんが王国!

まんが王国の特徴は何といっても登録がとっても簡単(クレジットカードがなくてもOK)♪そして無料で読める漫画が常時3,000作以上用意されており、『1巻無料』からそれ以上もあったり…お得感満載!登録時に貰える半額チケットもあり!『試し読み』も他の漫画サイトよりページ数が多いものも…!大人向け作品多数あり!


漫画も動画も無料で楽しめる♪U-NEXT

U-NEXTは初回31日間は月額1,990円が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月貰え、さらにさらに!見放題動画も14万本以上といいことづくめ!な動画作品もあり、大人向け漫画が好きな人にはおすすめコンテンツです♪


ebookjapan

ebookjapanは登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!おまけに成人漫画の種類も豊富♪

-成人漫画
-,

Copyright© おにーちゃんの漫画&アニメネタバレ無料研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.